天国に還った赤ちゃんとのセラピー

エンジェルたいわセラピー

残念ながら天国に還られた赤ちゃんと

赤ちゃんのママの心を癒すセッションです。

こんな方におすすめ

☆天国にいる赤ちゃんとお話がしたい。
☆天国にいってしまった赤ちゃんに申し訳なく思っている。
☆毎年年齢を数えて、罪悪感を感じてしまう。
☆赤ちゃんがどう思っているのか知りたい。
☆赤ちゃんに謝りたいと思っている。
☆次の子を望むのを申し訳なく感じてしまう。
☆流産の傷が癒えていない。

<エンジェルたいわセラピーにていて>

エンジェルたいわセラピーはハートシェアリング協会発祥のセラピーです。

セッションは催眠療法を用いて行うセラピーセッションです

セッションは宗教ではありません

効果は人それぞれです。

これから先、幸せな選択をする意志のある方が参加条件です。

あなたのお話はあなたの許可なく一切口外いたしません。

全力でサポートいたします。

 

 

 

<私の体験談>

私も、21歳の時に流産をしてしまいました。

当時、お付き合いしていた彼の赤ちゃんです。

一度は出産を楽しみにしていたのですが、

月日が経つにつれて、彼の気持ちが変化していきました。

お互い、まだ若かったので、彼も不安になったのでしょう。

私自身、育った家庭環境が複雑で、彼以外には誰にも相談することなく

毎日が過ぎて行きました。初めは喜んでくれていた彼の

気持ちが日に日に、不安と後悔の思いに変わって行きました。

 

「やっぱり、俺はまだ親にはなれない」

という彼の一言に

私の心も大きな不安に包まれ、毎日毎日、憂鬱な思いばかりが

増えていきました。

あきらめるのは罪悪感がある、けど、

産んだとしても、どうやって育てたらいいのか全く分からない。

毎日、毎時間、同じことを繰り返し考え悩んでいました。

そんな最中、ある夜中に突然の激しい腹痛。

わめき、苦しみながら一人で病院に行きました。

もしかしたら、流産するのかもしれない、

でも産んであげたい、

でもどうしたら良いかわからない、

痛い、苦しい、自分が死にたい

そんなことを考えながら病院に行きました。

 

病院はその夜、出産が2件重なっていて、

人手不足、待合用のベットで寝ている間に

さらに痛みが激しくなり、

見ず知らずの人が腰をさすってくれていたのを

かすかに覚えています。

 

そして、痛みに耐えきれなかった私の

お腹から、出血と共に赤ちゃんは降りてきてしまいました。

 

ついさっきまでお腹にいた今は動かない小さな赤ちゃんの姿を見て

涙が止まりませんでした。

それ以来、精神的にも体力的にも弱り果て

しばらく鬱状態の日々が続きました。

 

日常に戻っても

毎年毎年、その日がくると、赤ちゃんに対して

申しわけない気持ちでいっぱいでした。

悪い事があると、、

「自分が悪い事をしたから

罰があたったんだ。」といつも

辛い出来事と、赤ちゃんに対する申しわけなさを意味づけして

納得し苦しんでいました。

5年たっても、10年たっても

お寺で供養をしても、毎日、お花やお線香を供えても、

霊視できるとか言う人にすすめららたお経を毎日唱えても、

自分だけ幸せになってはいけないように感じていました。

毎年、毎年、赤ちゃんとさよならした日には

激しい腹痛が蘇ってきました。

悩んだはてに、催眠療法で赤ちゃんとの

お話をリードしてくれる方とお会いしました。

そこで、天国の赤ちゃんのイメージを見せてもらいました。

 

そして、私が習った、たいわセラピーの講座でも

一緒に学んだセラピストさんに

天国に行った赤ちゃんのメッセージをもらいました。

違う方から、そして、違う形なのに、同じ答えが返ってきました。

「ママはもう苦しまなくていいんだよ。」

「僕は全然怒ってないよ。」

「自分で自分を責めて苦しんでるだけだよ」

「僕は、ちょっと早くきすぎちゃったから

自分で決めて天国に還ったけど、ママに優しくしてもらえて

楽しかったよ。大好きだよ。ありがとう」

「今のパパを大切にしてね。」

でした。

それを聞けて、やっと自分で自分にかけた

呪縛から解放されました。

 

ちょっと、目線を変えると、巷には

ちゃんと供養しないとたたられるとか

因縁がとか、

次の子に影響が。。。

とか恐ろしい声があふれている場所もあります。

私も悩んでいた時は、そんな話題にばかり気をとられて

心配していた時期がありました。

 

でも、赤ちゃんはママを選び、

ママが大好きで、お腹に宿ってくれます。

その赤ちゃんが、もし、さよならしたとしても

恐ろしい事を引き起こしたり

次のお子さんに影響を与えようなんて考えているでしょうか?

ママの辛い日常を望んでいるでしょうか?

 

私は違うと思います。

もし、悩んでいて前に進めない思いがあるなら

一度、天国の赤ちゃんとお話してみませんか?

赤ちゃんとの短かったご縁が、

これからの先の、大きな愛のサポートに

感じられるかもしれませんよ。

 

読んでいただきありがとうございます

あなたのこれからと、天国にいる赤ちゃんに愛をおくります。