妊娠中の花粉症対策

こんにちは、今日は妊娠中の
花粉症対策についてお伝えしますね。



妊娠中は体が変化しやすいので、
花粉症が軽減する人もいますが、



逆に、今まで大丈夫だった人が
妊娠期に花粉症を発症する人も多いですよね。


そんな時に、薬に科学的な頼ら
少しでも軽減できたらと嬉しいですよね。


漢方や食材、対処法をご紹介します。


まず、鼻水が大量に出る方   

漢方でいうと、水の代謝をスムーズにすると鼻水がへるので

漢方薬だと五苓散、小青龍湯、当帰芍薬散が

良いと言われています(でもこれはお医者様に必ずご相談ください)

食材の場合は、利水効果の高いもの   
ハトムギ、きゅうり、緑豆、もやしなど

お茶ならハトムギ茶、紅茶、ジャスミン茶、
水分を巡らせて排出してくれるものが良いですね。


目が赤い、かゆいの人は、、、
上半身に熱が貯まりやすい状態なので

ぬるめのお湯で足元を温めて下に熱を下げる、
辛い食事を控える、を意識すると良いです。


辛いものや刺激物は肝臓に負担がかかり、
目の状態にも影響します。

お茶なら
カモミール、ウコン 食事なら、あさり、セロリ レバーなど、春菊など

また、便秘や腸の環境にお悩みがある人は、
ちらの症状も出やすいので
乳酸菌や食物繊維の豊富な食材、
ヨーグルトやアロエベラなどを取るといいですね。


なた豆茶も人気ですね。

根菜類、大根や、生のレンコン、
海草も腸内環境にはお勧めです。


お砂糖や小麦の取り過ぎは体が冷えて、
腸の巡りや、熱の滞りなどに
なり鼻づまりや頭の重さに繋がるので、
普段からお砂糖や小麦の多い食事をしている方は
少し控えてみても変化を感じるかもしれません。

ストイックになりすぎると逆効果なので、
出来る範囲から取り組むといいですよ。


ママと赤ちゃんの心を体が健やかでありますように・・・・

読んで頂きありがとうございます。

 赤ちゃんのためのアートセラピー
レッスン詳細はこちらです

line22

  お申込み・お問い合わせ

バースギフト・ナビ

初めての妊娠の不安とストレスを安心に変える

リラックス胎教レッスン 東京・品川

松戸喜代子

line22

カテゴリー: 妊娠中の心と体 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です